何もしないと小さくなる!40代のバストアップ方法

30代までは自分の体形に割と自信があって、どんな洋服でもかっこよく着こなすことが出来ました。

しかし、40代に入ってから徐々に体形が崩れてきていることに気が付きました。特にバストが小さくなったうえに垂れてきました。どちらかと言うと少し前まではバストは大きい方で、周りから「胸が大きいからうらやましい」とか「Tシャツがすごくよく似合うね」などよく言われたものです。

しかし、大きくて自慢だった胸がどんどん小さくなっているではありませんか、それで少しでも以前の自分を取り戻すために少しずつバストアップを行うことにしました。色々調べて自分が行いやすいと感じたのは、やはりマッサージです。

40代に入ってバストダウンしたり垂れたりする原因としては、女性ホルモンの減少です。バストの中にある乳腺や女性ホルモンの減少で乳腺も元気がなくなってしまい、胸が小さくなるそうです。それで、たれ感や最近バストが元気がなくサイズダウンしてきた、という方には胸回りのマッサージを行うのが良いそうです。インターネットにはやり方が書かれていましたが、大胸筋や小胸筋をほぐしていくことで、バストが垂れさがったり小さくなるのを防げるそうです。
やり方としては、鎖骨下の方の付け根側に手を添えます。そして、コリをほぐすために、指の腹を使って円を描くように優しくマッサージを行いますが、指の腹でも問題がないと感じた場合には、グーにしてこぶしを使ってマッサージするのもお勧めだそうです。

また、マッサージ以外の方法としてはブラジャーの見直しです。夜になるとほとんどの方がブラジャーを外して寝ますが、40代以降こそブラジャーを着用することでバストが下がることを防げます。その際に、昼用のきついブラジャーを装着すると疲れてしまいますので、必ずナイトブラジャーを装着することが重要です。

バストアップはすぐに効果があらわれるわけではありません。毎日少しずつコツコツ行うことが大切です。

バストアップ ナイトブラ モテフィット