20代におすすめのバストアップ方法

20代はまだ女性ホルモンの分泌が活発なのでバストアップを諦めてはいけません。

乳腺を発達させる生活をすることが大切です。ポイントは血流を良くすることで、お風呂上がりにバストアップマッサージを行います。両手を使ってバストを外側から包み込むように内側に持っていきます。円を描くようにグルグルと動かし、押しつぶさない優しい力で内側に寄せて下から上に持ち上げます。内側から外側、下から上に動かすと、ハリがあって美しい形になります。

20代のバストは10代と比べると柔らかくなっており、本来バストにあるべき脂肪が脇やお腹、背中に移動していることがあります。バストが形成されているより外側の脂肪までマッサージしましょう。デコルテ部分は血流の流れが悪くなりやすいため、グリグリと刺激してバスト周りの血行を促進します。

またバストの90%以上は脂肪で、体温を下げる作用があります。体を冷やすと血流を悪化させるため、乳腺の発達に役立つ栄養が届かなくなります。せっかくお風呂上がりにマッサージしてもその他の時間にバスト周りを冷やすと効果が半減してしまいます。冷えにより自律神経が乱れればホルモンバランスが崩れる原因にもなります。

よって体を冷やさないように注意します。冬は衣類で保温に専念する人も夏はクーラーを使いすぎるので、冬より夏がバストアップに悪影響を与えていることが多いです。自宅ではクーラーの設定温度を高めにし、自由に設定できない職場ではストールやカーディガンなどで冷え対策を行います。蒸れるからとカップ付きインナーで通気性を優先すると、バストが冷えて垂れやすくもなるのでしっかりと支えてくれるブラジャーを着用します。直接に肌に触ってみてヒンヤリする場合は確実に冷えの影響を受けています。栄養がしっかり届いた質の良いバストはデコルテ付近から温かみを感じるもので、冷えを予防しマッサージを行えば本来の大きさを維持できます。

バストアップ ナイトブラ モテフィット